Pythonで1自由度減衰系の強制振動シミュレーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由振動の後は強制振動を学びます。基本を学ぶためまずは1自由度の質点に周期加振力が働く場合の振動をPythonでコーディングしてみます。

こんにちは。wat(@watlablog)です。
1自由度の自由振動を習得した後は強制振動を習得します。基礎が大事なので、こちらも1自由度でコーディングしていきます

強制振動とは?

モデル

強制振動とは、前回までに学んだ自由振動と異なり、外部から強制的に力が供給され、質点が振動させられる状況のことを言います。

以下は1自由度減衰系のモデルに周期外力\(F\)が作用した状態を表した図です。

強制的に外力が働くといっても、モデルにはばねとダンパーが付いているので、単純に外力の信号によってのみで動くわけではなく、自身の復元力や抵抗力も作用するため、これまでと同様に運動方程式を立てて見ていきましょう。

減衰系強制振動モデル

運動方程式

今回対象とする上記モデルの運動方程式を式(1)に示します。周期加振としては何でも良いのですが、このページでは正弦波信号の形を取りました。

$$m\ddot{x}+c\dot{x}+kx= Asin(2\pi f t) (1)$$

コードを載せる前に、Pythonで常微分方程式を解くための前段階である変数変換をしておきましょう。

変数変換は式(2)で実施し、式(1)に代入して式(3)を得ます。

\[ \begin{cases}
x_{1}= x \\
x_{2}= \dot{x}
\end{cases} (2)
\]

$$\dot{x_{2}}= Asin(2\pi f t)-\frac{c}{m}x_{2}-\frac{k}{m}x_{1} (3)$$

Pythonによるコーディング

これまでの「Pythonで1自由度減衰系の自由振動シミュレーション」や「Pythonで1自由度非減衰系の自由振動シミュレーション」と内容はほぼ一緒で、def文の中身やプロットの部分が異なるだけです。

詳しくはコードをご覧下さい。ちなみに外力は\(A\)=100[N], \(f\)=1[Hz], 7[Hz], 20[Hz]と外力振幅は一定で周波数だけ3パターンに振りました。そのためデータプロットはfor文で3つ重ね描きしています。

全コード

実行結果

以下の図が実行結果です。結果は1[Hz]よりも7[Hz]の方が質点の変位振幅が大きく、20[Hz]はそれらよりも小さいということが得られました。

というのも、この\(m, k\)の組み合わせは7[Hz]付近に固有振動数を持つので、共振が発生して変位振幅が大きくなったと言うことが出来ます

このモデルは減衰を含む系なので、共振が発生しても無限大の振幅にはなりません。

実行結果

ではさらに初期時間の方を拡大して見てみましょう。

計算を始めた初期は、特に1[Hz]の波形で顕著ですが、固有振動数の周期で細かい波が発生している様子が見れました。ここでは取り扱いませんが、強制振動の解は自由振動の解を使って特解を出すので、その影響が出ているものと考えられます。この初期の変化が大きい部分の振動を過渡振動、安定した時の振動を定常振動と呼びます。

実行結果(過渡)

まとめ

本ページでは強制振動が働く1自由度減衰系のモデルを示し、運動方程式を紹介しました。

運動方程式は2階線形常微分方程式なので、Pythonでシミュレーションをするために、変数変換を利用して1階の常微分方程式に変換しました。

変換された式を関数にし、Pythonのodeintによるシミュレーションを行い、固有振動数前後の影響や過渡振動を観察しました。

強制振動も自由振動と同じでPythonを使えば簡単に数値解を得ることができました!

Twitterでも関連情報をつぶやいているので、wat(@watlablog)のフォローお待ちしています!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*