Google ColabでPyTorch開発環境を構築する方法

ブラウザ上でGPUを使ったPython開発ができるGoogle Colaboratoryを使ってみます。ここでは知識ゼロから始められるようにGoogle Colabの概要から説明し、PyTorchによる機械学習を行うための環境構築を行います。

続きを読む
Advertisements

ただPythonでcsvから逆離散フーリエ変換をするだけのコード

Pythonとかよくわからないけど、今すぐ逆フーリエ変換をしなくてはいけない人向けの記事です。過去記事のフーリエ変換した結果を使って、振幅と位相情報から時間波形を再生する方法を解説します。入力と出力は全てcsvファイルで統一しました。

続きを読む
Advertisements

PyVistaで面が閉じた立体を作ってSTL保存する1つの例

これまで当ブログではPyVistaを使ってSTLを作ってきましたが、まだ欠落面が存在する3Dモデルでした。ここでは最後の仕上げとして欠落面を閉じた完全な立体を作成、そしてSTLファイルを保存するPythonコードを紹介します。

続きを読む
Advertisements

PyVistaで任意サーフェスメッシュを作成してSTL保存する

工学問題は複雑な形状をメッシュで分割して計算に利用する事が多々あります。この記事では形状やメッシュデータを扱う事が得意なPyVistaを使って任意サーフェスを作成し、デローニー三角形分割によりメッシュを作成します。そしてその他ソフトでの活用を目標にSTLファイルとして保存する所までを紹介します。

続きを読む
Advertisements

PythonでNACA4桁翼の断面形状を作図する方法

NACA4桁翼とは、航空機に使われている代表的な翼型の事です。空力性能が良い翼の設計は航空機業界だけの仕事ではなく、翼の断面形状を自由に作図できるようになる事で、色々な解析が捗ります。この記事はPythonでNACA4桁翼を作図する方法を紹介します。

続きを読む
Advertisements

MacにVirtualBox/Ubuntu環境を用意する方法

VirtualBoxを使う事で、同一コンピュータ内に複数のOSを仮想的に存在させる事が可能になります。ここでは、あえてMac内に仮想環境を使ってUbuntuを用意する理由とその構築方法を図付きで紹介します。

続きを読む
Advertisements

ただPythonでcsvからデジタルフィルタをかけるだけのコード

今すぐ、何も考えず、とにかくcsvに記録したデータに対しデジタルフィルタをかけたい人向け。ここではPythonを知らない人のための導入を説明してから、デモcsvファイルとコピペ動作するフィルタ処理コードを紹介して目的を最速で達成します。

続きを読む
Advertisements

回転数変化を模擬した周波数応答解析で次数分析するPythonコード

モータやエンジンといった回転機は構造の共振に当たらないように加振力を設計する必要があります。ここではPythonで回転数変化を模擬した周波数応答解析を行い、実験の次数トラッキング解析と比較できるシミュレーション結果を得る事を目標とします。

続きを読む
Advertisements

振動モデルを直接法の周波数応答解析で解くPythonコード

振動シミュレーションの代表的な解法の1つに周波数応答解析があります。この解析手法は時間領域ではなく周波数領域で計算をするため、一般的に計算負荷が軽いとされ実際の設計現場で重宝されています。ここではPythonで振動モデルを周波数応答解析で解く例を紹介します。

続きを読む
Advertisements