Pythonで線形代数!連立1次方程式を解く

今日では様々な科学技術計算に「行列」が使われています。行列は線形代数学の分野です。行列の計算は手計算だと少々やっかいですが、退屈な単純計算はPythonに任せましょう。ここでは線形代数による連立1次方程式の解法をPythonでコーディングします。

続きを読む
Advertisements

Python/PyAudioでマイクのチャンネルを確認する方法!

PyAudioを使う時、オーディオデバイスのチャンネル、すなわちインデックス番号を確かめないと正確に使うことはできません。本記事ではマイクのチャンネル番号を確かめる方法を紹介します。

続きを読む
Advertisements

PythonのPyAudioで音声録音する簡単な方法

Pythonを使ってPCのマイク入力から音声を入力するプログラムはPyAudioを使って簡単に書くことができます。ここでは実際の音をデジタルデータへ変換する際の注意点を踏まえてサンプルコードを示します。

続きを読む
Advertisements

Python/NumPyで線形代数!linalgで逆行列を求める方法

連立方程式を解いたりする時は行列形式のデータをよく扱います。その時に使う逆行列計算は手計算だと非常に面倒ですが、Pythonの線形代数モジュールであれば簡単に求めることが出来ます。

続きを読む
Advertisements

Pythonで1自由度非減衰系の自由振動シミュレーション

Pythonはシミュレーション系のライブラリパッケージも充実しています。ここでは最も簡単な解析の1つである減衰の無い1自由度のばね質点振動系の自由振動を扱うことで、Pythonを使ったシミュレーションの基礎を学びます。

続きを読む
Advertisements

Python/OpenCVで2D画像を3Dのように見せる方法

画像は全て2次元ですが、見せ方によってはあたかも3次元に存在しているように見せることも可能です。このページではこれまでWATLABブログで習得した内容で事例を紹介します。

続きを読む
Advertisements

Pythonで平面を回転させる効果を表現する!

Pythonで画像処理をする時に、平面に画像を貼り付けて動かすことを考えます。その場合、やみくもに座標を模索するのではなく、数学的に関数を使う方がスムーズに動きます。ここでは楕円方程式を使って平面が回転しているような動きを表現してみます。

続きを読む
Advertisements

Python/OpenCVの射影変換なら簡単に画像補正ができる!

カメラで垂直に本等の平面を撮影したかったのに、ちょっとしたずれで遠近感が出てしまうことがあります。しかし射影変換を使えばそのずれを補正することができます。Python/OpenCVであれば誰でも簡単に射影変換を使うことができます。

続きを読む
Advertisements