Python/pydubでmp3をwavファイルに変換する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Advertisements

mp3ファイルは様々なアプリで作成することができるファイルフォーマット形式ですが、信号処理ではwavファイルの方が汎用性があります。ここではPythonのpydubでmp3をwavに変換する方法を紹介します。

こんにちは。wat(@watlablog)です。ここではmp3をwavに変換する方法を紹介します

ffmpegのインストール

pydubというライブラリを使えばmp3ファイルを扱えるようになりますが、その実態はffmpegというPythonとは関係の無い外部ソフトを使うというものです。
そのためffmpegをまずはインストールしましょう。

ffmpegをダウンロードする

まずは以下のページにアクセスします。

https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/

以下のページが開きます。デフォルトで必要な要件はセットされていると思いますが、①ソフトのバージョン、Windowsのビット数、Linking(よくわかりませんが、シェアしないのであればStaticで良いと思います)を選択し、②Download Buildをクリックします。

download

ffmpegを任意のディレクトリに置く

ダウンロードしたffmpegはzipファイルを解凍し、任意の場所に置きます(これがインストールの意味になるかな)。

僕はCドライブのProgram Filesの中に「ffmpeg」というフォルダ名で置いておきました。

ffmpeg.exeへのパスを通す

ffmpegを任意の場所に置いた後は、Pythonでffmpegを呼び出せるように「パスを通す」必要があります。

まず、コンピュータのプロパティ等から、「環境変数」のダイアログを開きます。

その後、①システムの環境変数のPath(またはPATH)を選択し、②編集をクリックします。

パスを通す①

次に①「ffmpeg.exe」のあるアドレスをコピー、②コピーしたアドレスを新規欄にペーストします。

パスを通す②

あとは全てOKをクリックし、ウィンドウを閉じます

コンピュータを再起動する

パスを通した後のお決まりですが、最後にコンピュータを再起動します。

これでffmpegの準備は完了です。

Python/pydubでmp3をwavにするコード

Advertisements

pydubをpipインストールする

pydubはpipで簡単にインストールすることが可能です。コマンドプロンプトに以下のコードを打ち込み、実行します。

Pythonコード

mp3ファイルをwavファイルに変換するコードを以下に示します。import文を入れてもたった3行なので簡単ですね。

ここではtest.mp3というファイルを.pyファイルと同じ階層に置き、コードを実行することでtest.wavが生成されます。

おまけ:wavからmp3に変換するコード

以下はおまけです。
mp3からwavに変換するのは以下のコードで可能です。

まとめ

Advertisements

本記事ではmp3ファイルをwavファイルに変換する方法を紹介しました。
その方法はffmpegという外部ソフトをpydubを使って操作するといったものでした。

(pydubを使わなくてもffmpegでいいじゃん…と思うこともありますが、色々なソフトの使い方を覚えるよりもPythonで一元化した方が好きな人もいるかも知れないので本記事を残しておきます。)

音声ファイルは複雑なフォーマットになっていますが、これでmp3ファイルであってもWATLABで扱う信号処理プログラミングが適用できそうです!
Twitterでも関連情報をつぶやいているので、wat(@watlablog)のフォローお待ちしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*