Python/OpenCVで画像をリサイズする方法

画像処理は意外と簡単な処理に需要がある場合があります。画像のサイズを自由に変えることができれば、ファイル容量の削減が容易にできます。Pythonであれば画像のリサイズはたった1行でできるので、重いフリーソフトをインストールする必要もありません。

続きを読む
Advertisements

Pythonでブログの広告が目立つかどうか「動的」に評価する方法

前回はサリエンシーマップを使って画像に対する「目立ち度」を評価しましたが、ブログの読者はページをスクロールしたりするため動的に評価する方法も有効です。ここでは動的にブログのページを評価する方法の例を紹介します。

続きを読む
Advertisements

Python/OpenCVで動画から静止画を間引いて抽出する方法

現在動画コンテンツはどんどん増えてきていますが、動画の中のある場面を静止画にしたい時、再生画面を単にキャプチャするだけだと画質が粗くなります。ここでは、Pythonで動画に直接アクセスし、静止画を抽出する方法を紹介します。

続きを読む
Advertisements

Python/OpenCVで画像内の領域を縦横に走査する方法

画像内を1画素毎では無く、ある領域毎にまとめて処理をしたい時があります。この時、画像内を任意のサイズのボックスで走査する必要があります。ここでは画像走査方法の一例を紹介します。

続きを読む
Advertisements

Pythonでブログの広告が目立つかどうか検証してみた

ブログで広告を貼って収益を出している人は多いと思いますが、やたらめったら貼れば良いというわけではありません。ここではサリエンシーディテクションという手法を使ってWebページの広告が目立つかどうかを解析してみます。

続きを読む
Advertisements

Pythonでのこぎり波を生成!次数の高調波成分を見てみた

信号を生成する目的は様々あり、中には周波数軸で見た時にある周波数でピークが立ち、その倍数成分が全て高調波として立ってくる波形が欲しい時もあります。ここでは高調波成分がしっかり発生するのこぎり波をPythonで生成する方法を解説します。

続きを読む
Advertisements

Pythonでチャープ信号!周波数スイープ正弦波の作り方

様々な種類の信号を生成できるようにしておくのは、シミュレーション、または実験を行う上で有用です。正弦波はよく利用されていますが、ここではPythonを使って周波数が時々刻々と変わる周波数スイープ正弦波を作る方法を解説します。

続きを読む
Advertisements

Pythonでサリエンシーマップを作成!人の視線の行き場を数値化

サリエンシーマップを使うと、画像の中でどこが最も目立つかを計算論的に可視化することができます。広告業界のプロはあの手この手で人の視線を集めるレイアウトを模索していますが、PythonのOpenCVであれば簡単に、そして定量的に解析することが可能です。

続きを読む
Advertisements